2016年02月23日

鈴木亮平


あの、鈴木亮平が帰っていたというか、
色丞狂介が帰ってきた。

今度はどんなことになるのか。
むかしは、マンガだけの超下劣なものだったのに、
今は、実写版となり、映画となり、
どうなっているんだ、ムロツヨシ。

しかも、今回は続編。
この映画がシリーズ化されることは、まさに奇跡。
なぜか、昔のネプチューンのコントの原田泰造を思い出す。

たいして面白くないのに、本当にバカバカしいことを、
超まじめに取り組んでやっている。こんなことを言ってはなんだが、
こんな映画に、魂を込めて演じている役者さんたちは・・、
言葉がないです。はい。

やべー、今日、スケスケーーー、
って、大体、穿いてないじゃないか。
頭じゃなくて、顔にかぶってるんじゃないか。

まさかの続編「変態仮面」
posted by keto at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | さー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。